ストリートダンススクール、HIPHOPダンス、新潟県上越市、糸魚川市、妙高市、長野県長野市を中心に活動するストリートダンスチームS.O.Pのサイトです☆

ダンスに必要なもの

ダンスに必要なもの− 

一番大事のものはいろいろ考えてみるとやはり信念でしょう! 
精神力とも言いますし、
ダンスを純粋に好きだという気持ちともいえます!
スポーツの世界でも、心、技、体とありますが、
この心 こころが一番大切です!

ダンスが好きー!うまくなりたい、とかかっこよくなりたい、楽しく踊りたい!
この気持ちが強ければ強いほどやっぱり上達していくんです。

練習に疲れてもう手を抜こうかなーなんて思ったりしたとき根本にしっかりしたものがあればがんばれます。
ダンスが本当に好きだーという気持ちが強ければ、疲れなんて忘れて踊ってしまいますよねー。

僕はよくクラブで踊っていると、次の日は仕事だからほどほどにしよーとか思うんですが、いざ好きな曲がかかるとテンションで踊りまくってしまいます。
朝になってげっそしりてしまっていることがよくあります。
皆さんも気をつけましょー!

さあ他には、筋力と持久力、柔軟性等が必要だと思います。

ダンスはただパワーがあればい一というものでもないし、
体がやわらかければいいというものでもありません。
どちらも必要になってくるのです。
僕が思うのは、ダンス筋が大事です。
体の筋肉の一部分一部分を自由に使いこなせるような練習。
リズムを取るにしてもしなやかに上でためてリズムをとったり下でとったり、
する練習が大事です!
そんな中で胸だけを大きく動かせるようになったり、
胸と首を連動させてうまく使えるようになったりします。
リズムを取るにしてもアフタービートで少しわざと遅れて取ってみたり、
ぴったりジャストで音をとったりと、使い分けができてきます。
こんな練習をしていく中で、(勝手に作りましたが)ダンス筋がついてくるのです。
黒人が踊っているあの柔軟性をイメージして下さい。
筋肉の質が大事なんです!

おっとーダンスに必要なものから話はどうすればうまくなるか?
という方向に行っていますがーこのまま続けてしまいましょー(^0^)

うまくなるためには

・簡単に言えば踊りまくること!

汗だくになって踊って疲れてまたその限界に挑戦すると、
力の抜き方を覚えてくるんです。
はじめは余計なところに力が入るのですぐに疲れてくれでしょう!
でもうまい人は必要な筋肉だけを使うので、
疲れないんです!

・研究心

見せ方などを常に研究するんです。
なんでこんなにかっこよくみせれるの?
とかおもうことってありませんか?

まずはうまいひとを完全に真似してみてください。
手の見せ方、カウントのとり方、首の角度、体の隅々まで意識が必要です。
指先なんかも本当に大事です。
きっと人によってかっこいい形が変わってくると思うので、
そこは自分にあった形を研究です。
ビデオなども擦り切れるくらいまで僕は見ました。

あとはうまい人を見つけて直接教えてもらえればベストですね!
自分だけではやはり限界があります。

まとめですが、ダンスに必要なものは、

好きだという気持ちと、筋力、持久力、柔軟性

うまくなるには

練習、研究、師匠を見つける。

こんな感じでしょうか。  皆さんの意見をお聞かせください!

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional